府中(東京)の女性

.23

未分類

青木悦講演会2011・10・31

☆2011年10月31日開催しました講演会の参加者の声です☆

41歳 第1回目に引き続き、今回もいろいろと考えさせられるお話をたくさん聞かせていただきました。情報に惑わされずに生きるのは難しい世の中ですが、自分にとって一番大切なのは何なのか、改めて考える良いきっかけになりました。第3回の講演も楽しみにしています。

37歳 青木先生の講演会は今日で3回目です。子育てをしていて日常つい、こうでなければならない!と思ってしまいがちですが、先生の講演を聞いた後はそれがなくなり、気持ちが楽になります。先生のお話を思い出しながら、日々頑張っていきたいと思います。

37歳 1歳1ヵ月の男の子がいます。自分が変わらなければと気づかされることがたくさんありました。できれば夫も参加させたいと思いました。家に帰ったら夫にも話して子育てに生かしていきたいと思います。心が軽くなり勇気をもらいました。これからもぜひ講演を聞かせていただきたいです。たくさん泣けて、心がスッキリしました。

無記名 夫婦の間で子育ての考えが全く違っていて、ぶつかることも多々ありますが、受講して、私の子育ては間違ってない、そのままでいいんだと少し自信が持てました。先週、中1の娘がぎりぎりの精神状態で部活(バスケット)を退部しました。約5カ月にわたる男子バスケ部員1年生全員によるいじめでした。これからどうフォローしていいのか、未熟な親ゆえに悩んでいますが、青木先生の講演を聞けて本当によかったです。

無記名 先週初めてお話を聞き、イライラを子どもにぶつけてしまっていたのを意識して、この1週間やめてみました。3歳なので、言ってもわからない、全く聞かないことばかりで毎日悩みは尽きないのですが、イライラはしても、それを子どもにぶつけなくなったことで、後悔することがなくなり、ストレスが減りました。また、「親が変わること」というお話も聞き、今までは「子どもが」と思ってばかりでしたが、私の行動・考えも、怒る前や子どもに接する前に振り返って考えてみるようになりました。

40歳 初めて受講させていただきました。1歳半の子どもがいます。初めての子育てで、つい周りと同じようにと考えていましたが、今回、話を聞いてまずいと思いました。自分にとっての考えをきちんと持たなければ!! ありがとうございました。

33歳 私は1歳の子どもしかいないので、まだ大きな悩みは余りないのですが、先生のお話、皆様のお話が聞けてとても勉強になりました。この子が大きくなるにつれて悩みは増えてくると思うので、またぜひ聞かせていただきたいです。

34歳 仲良しのふり、友だちがたくさんいるふり、学校で独りぼっちになることがいや、トイレに集団に行く世代でした。どうしてもなじむことができず、生きにくさ、居場所のなさを感じていました。もともと一人で自由に行動することが好きで、群れるのが苦手だったため、仲良しのふりもできず、一人になって苦しい思いをすることも多々ありました。なぜ一人が苦しかったのか実はわからなかったのですが、「一人なんだと烙印を押されるから」というのを知りました。大人になって子どもができてからも「ママ友」をつくれと言われ、また疲労感を感じ始めました。どうしても自己否定的な考え方←削除「私のどこがいけなかったのか」という考え方をしてしまうので、どうしたら自己肯定できるのかが課題です。

47歳 昨年、杉並にて友人と参加しました。本も何度も読み返しています。自宅のある府中で受講できてとてもうれしいです。

38歳 毎回とてもポジティブにさせてもらっています。このような講座に来る力のある方は必ず育児も自分の生活もうまくやっていけると思うのですが、家でつらく過ごしている方がいたら、そのような方にポジティブパワーを伝えていきたくなりました。市で先生の講演内容のまとめたものを市報などに載せてもらったり届けるチャンスがあるといいなーと感じました。(ケーブルテレビで放映とか!)

29歳 私も小さなころ、一人が嫌だという気持ちがありました。誰かお友だちと一緒がいい、一人だと他の誰かが変な目で見るなど……。大人になって、みんな別々でも、違う意見でもいいと思えるようになりました。我が子は男の子だし、どういう人に育っていくかわかりませんが、青木さんのおっしゃる、優しい人になってほしいなと思います。

37歳 以前、2回ほど受講したことがあります。今回もお話が心にしみ入るように入ってきました。もっとお話を聞いていたいぐらいでした。次回も楽しみにしています。

39歳 先生のお話を聞いて、これまでの自分の子どもに対する恐怖感が消え、とても楽になり、構えずに子どもと向き合えるようになりました。本当に心が軽くなりました。次回の講演会も楽しみです。

40歳 何度聞いても、また来たくなります。質問をしたかったのですが、もったいないので来週までとっておこうと思いました。短くまとめてきます。
35歳 話の中でのたくさんのキーワードが、今の自分の暮らしに重なって、共感できたり、目からウロコだったりして、あっという間の2時間となりました。最近「この人とつながることは是か非か」というような状況があり、自分の想像力に限界を感じることがあり、立ち止まっていたのですが、優しさを基準にするという言葉に背中を押されました。ありがとうございました。

50歳 正直な気持ちで、本音で語れる場の必要性を感じます。1つの言葉からイメージする内容が周りのママ友とは違うのかなと思います。(年代の違いかもしれませんが……)「友だち」「優しさ」「仲間」、この言葉から本音で語り合えることができたらスッキリ!するんでしょうね。ありがとうございました。

37歳 お話を伺って、いろいろと不安に思うこと、迷っていたことに光が射した気がします。自分の心が苦しまない選択をすることがよいのかも。もっと自分の感覚を信じていいのかもと自分を肯定、子どもも家族も、もっと受け入れ肯定していけそうです。いつも迷って悩んでいたこともお答えいただけてとてもうれしかったです。ありがとうございました。

40歳 上の子(7歳)を何度か叩いてしまったことがあります。長々と叱ってしまったこともあります。それは上の子への期待から来るものだったのかなと思いました。叩くのはやめて、短く叱るようにしようと思います。先日、上の子に「ママは(私と一緒で)どじなところあるからねぇ」と言われました。そう言われてちょっと複雑な気持ちでしたが、決して完璧でなく迷いや悩みもある、ありのままの私でいいんだなって思いました。子育ての時間を楽しもうと思います。

50歳 とても有意義な時間を持つことができて感謝しています。次回も楽しみにしております。

52歳 今日まず前回のアンケートの集計ができていたのにはとてもびっくりしました。そして、とてもよかったです。生きにくい世の中で、まだ子どもが小さくて今からやっていく人はとても大変だなあと思いました。やはりこれは社会で子育てをやっていくということ、母なるものの手をふやしていくことが必要なんだなあとつくづく思いました。

37歳 本日も元気になるお話をありがとうございました。質問にも的確に答えていただけて、もやもやしていた部分がスッキリしました。青木先生は、ご自身の体験や意見として語ってくださるので、本当にありがたく思い、言葉が身にしみます。子育てのみならず、自分の生き方を考えさせられます。私も「優しさ」を指標に生きていければと思います。

43歳 今回も、とてもよいお話を聞けて胸がいっぱいになりました。ありがとうございました。「せめて家では子どもに対してお友だちプレッシャーをやめる」ということが胸に響きました。何か目に見えない恐れから、子どもに友だちのことを聞いてしまう傾向があるので、それをやめようと思いました。また、甘やかしていると思われてもいいというお話にも救われました。知らないうちに小さな枠に子育てを入れてしまいがちになるので、今回のこのようなお話は私にとって大きな宝物のように感じます。

31歳 子どもが独りぼっちとみられることが怖いというお話がすごく共感できました。自分が小~大学生までずっとその感覚は持っていて、そしてまたママ友との関係でその気持ちが復活していました。でも、今日のお話を聞いて少し楽になりました。

38歳 お友だちプレッシャーは私の子どものころからあった。今でもママ友プレッシャーはある。これは私とママ友の間に子どもが入っているから多少面倒。(いろいろな情報が欲しいからつき合ってるというところもある)でも、先生の話を聞いて楽になった。人数ではなく自分に合った人をさがそう……と思った。

無記名 心温まるご講演をありがとうございました。現実を生きる子どもたちの世界はますます厳しくなっていることを知り、心が痛みました。大事なことは余り話さない娘(中2)ですが、お腹が痛いと頻繁に訴えるので、ゆっくり休んでいいよと答えることにしています。私には計り知れない緊張感のある学校生活を一生懸命送ろうとしている娘に、先生からのメッセージを実践していこうと決意しました。

38歳 質問に答えていただき、ありがとうございました。子育てのこともそうなのですが、もっと子どもを取り巻くさまざまなことについても(原発etc)伺ってみたかったです。来週はどうしてもこちらに伺えませんので……。残念です。青木先生の著書を熟読したいと思います。

51歳 青木先生のお話を聞かせていただくのは3年目?です。去年までは先生のお話を聞くと、子どもに申しわけない気持ちでいっぱいになりました。幻の子ども、幻の母親を実現させようと必死になり、子どもを追い詰めていました。今回はちょっと余裕でお話を聞くことができました。私も子どもも、先生のおかげで少し成長できたのかもしれません。思春期の子どもとの毎日は山あり谷ありですが、すべて引っくるめて、今を楽しみたいです。

37歳 本日も心にストンと落ちるようなお話を本当にありがとうございました。青木先生の笑顔やお話に本当に救われます。今日は「やってはいけない」側に自分が大半いるように思いながら聞かせていただきました。そして、自然とその方向へ子どもたちを追いやっている毎日だと実感しました。「いけない」とはわかっているつもりですが、なかなか止められない……。冷静な判断ができるときは、普段本当に恐ろしい自分でいるのだなと心が痛みます。「子どもの居場所」「優しさを基準」「生きていてくれればいい」……甘やかしたりスキンシップに少し意識してしまってぎこちないときがあり、嫌悪感に陥りますが、一番下の子(2歳)を自然とかわいがり甘やかしたりするように、長女(7歳)、次女(5歳)に対しても思いっ切り甘やかせてあげて、きちんと逃げ場もつくってあげたいと思います。母親をやらせてもらって私もまだまだ7歳!!自分の軸を持ち、子どもたちと一緒に楽しく成長していけたらと思います。本当にありがとうございました。

40歳 質問する方へのお答えが温かく的確で「そうだよなぁ」と思える内容で、すごいと思います。こんなふうに人の気持ちに寄り添える優しさ、いつも心にしみます。今日もいいお話をありがとうございました。

40歳 子ども(人間)にとって最後の砦、プライベートな空間である家庭で、自分を出せない、リラックスできない、気を使うのが一番つらい、「家に帰ると母親に顔色を見られないようにマスクをする」という子どもの話に、自分の安心のために子どもを質問責めにしちゃいけない……と思いました。やんや干渉しない、ほっといて見守る、子どもから話があったときはきちんと聞いてあげる。何だか今まで、ま逆なことばかりしていた気がします。本当、生きてるだけで感謝ですね。また次回も寄らせてもらいます。今日は貴重な時間をありがとうございました。

33歳 このような会には初めて参加しました。青木悦さんの『幻の子ども像』を少し前に読み、それからぜひ一度講演会に参加したいと思っていました。本で読んだとき以上にお話が心にしみ入り、気持ちがとても楽になりました。またこのような会にぜひ参加したいです。どうもありがとうございました。仕事のため途中で退席いたしました。申し訳ありません。

無記名 青木さんが今日お話をされた、「優しさ」で選んでいくというお話を聞いて、本当に大事なことであると思いました。

37歳 前回の講演後、1歳の息子に会ったとき→を迎えに行ったとき、心が軽くなった自分を感じました。この気持ちを持続できたら……と思います。これから幼稚園に行ったりして社会が広がっていく中、自分でも漠然と不安に思っていたことを具体的にやさしく、おもしろい口調でお話ししていただいて、とてもよかったです。

38歳 現在、小3と幼稚園年長の男の子の子育て中です。今回、機会があって参加することができて大変よかったと思っています。男の子のせいか、自分の身の回りに起きたことを何も話してくれないもので、ついつい私のほうから、「今日は誰と遊んだの?」とか「誰と帰ってきたの?」とか聞いてしまいます。そういったことが子ども自身に負担になっていたのではと考えさせられました。今回のような講演会がありましたら、ぜひ参加したいと思います。

38歳 少しヒントが見つかったような感じがしました。次回も楽しみにしております。

35歳 先生のお話は何度も聞かせていただいています。来春から福島に行ってしまわれるということで、とても残念に思っています。「友人なんて、一生に一人できればラッキーなんだよ」と小3の息子に話してやっています。友だち関係に疲れて帰ってくる子どもに、先生から教えていただいたことをこれから伝えていけたらと思います。(3回目は出席できないので、今回が最後です)お体に気をつけてこれからもご活躍ください。ありがとうございました。

48歳 今回も突っ込んだお話を伺えて、とてもうれしかったです。自分というものを知ること、自分の基準を持つこと、自分の考えを持つことが子育てや情報を選び取る等で一番大切なことのように考えるようになってきました……。でも、これが一番難しい!!何人かの友人・知人に、子育ては自分育てといわれたことを実感しています。青木先生の講演は、いつも自分を省みるよい機会になっています。本当にありがとうございました。

プロフィール

fujita

Author:fujita
fujita emi

2005年9月府中市女性史編さん実行委員(2008年3月発刊)となったことがきっかけとなって今回のブログを始めることとなった。
府中の女性の仕事や活動をいろいろ紹介していきたい。

趣味
山歩き
芸術鑑賞(美術、映画、観劇)
読書




最新トラックバック



検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

RSSフィード 管理者ページ