府中(東京)の女性

.29

青木悦講演会

青木悦講演会を終えて

2009年10月から11月にかけて3回開催した青木悦講演会には総人数100名を超える出席がありました。主催のサークルいきいきは2003(平成15)年の府中市女性センターで開催されたいきいきセミナー受講生の有志で2004年2月に発足しました。毎年1~3回の講座を開催しています。今回、受講者からアンケートをとっていますので、その一部をご紹介します。


第1回10月27日(火)「幻の子ども像」って知っていますか
*とても具体的で、かつ心に響くお話で自分自身を振り返るよい機会にもなりました。自然体で子どもとかかわり、そこから得られる喜びを日々大切にできたらいいなと思いました。
もっとたくさんの事例をお聞きしたくなりました。日々の子育てのヒントになることがたくさんありました。ありがとうございました。

*ありのままでいいんだなと思いました。周りと比べてしまう性格なのですが、違いがあるから相手にとっても気づきがあるという話はとても新鮮です。子育てで悩みを抱えている人にぜひ聴いてほしいと思いました。

*最近、型にはまった考え方をしていたけれど枠が取れた感じになれました。元々のびのびした子だけれど、もっとのびのびさせてあげようと思いました。私も気持ちが少し楽になりました。ありがとうございました。

*「母親が安心するために、子どもに色々と求める事はやめましょう」という言葉を思い出しながら子育てします。先生が「母親ってしつこいのよねぇー」ってご自分の事を振りかえりながら言われた言葉に、ほっとして笑ってしまいました。

*朝から晩まで叶うことのない幻を押し付けていたのかもしれないとつくづく思いました。言い続ける必要はあると思いましたが、それに縛られて押し付けて子どもの本来ある良い所(これがうちの子にはなかなか見つけられない)に目を向けてあげたいと思いました。


第2回11月12日(木)あなたと親との関係、あなたと夫との関係を考えてみましょう
*とても具体的で、かつ心に響くお話で自分自身を振り返るよい機会にもなりました。自然体で子どもとかかわり、そこから得られる喜びを日々大切にできたらいいなと思いました。
もっとたくさんの事例をお聞きしたくなりました。日々の子育てのヒントになることがたくさんありました。ありがとうございました。

*小5の子どもがいるのですが「あんぱん」の話、とてもよくわかります。もともとよく食べる子なのですが、なんかイライラしているなと思うとお腹が減っている時なんですよね。そんな時は妹にあたったり、口が悪くなったり、露骨にわかります。先生の本をこれから拝見させて頂こうと思いました。第1回も楽しかったです。今日はありがとうございました。

*今回、初めてお話をうかがうことができて嬉しく思っております。今まで自分はだめだなぁと思っている部分が多かったのですが、このままの自分でいいんだ、自分がいいんだと思うことができて育児が楽になりそうです。第1回目も参加したかったと後悔してしまうほど、ためになる講座です!次回もとても楽しみです。

*「よ~がんばりゆ~」と声をかけていただいた話には涙が出そうになりました。自分のことしか考えられない子ども、自分のことで精いっぱいの子どもがどうして出てきてしまうのかという話では背筋が寒くなりました。いろいろ迷ったり、不安になったり、辛いこともある子育てですが、子どもを大切にしたいと思いました。大切にしているかな??と思いました。

*まわりの情報に振り回され、理想の母親像、家庭像にしばられているなと感じる事は多々あります。本音がいえる相手がいないなと思う事もあります。子育てに関してはもっと自分の感性を大事にしてもいいかなと感じました。

*友人に本を紹介してもらい、青木先生の事を知りました。これまでにたくさんの家庭教育、子育て講演を聞いてきましたが、最後に残るのは教えられたような子育てができるのならここへは来ない・・・という淋しい思いでした。しかしご自身の生い立ちを語られ、子育ての前に自分の生い立ちがあること、不安の中で生活をされた先生と悩む自分との距離がそんなにないことがわかり、安心。ホッとできる方に出会えたことが、とてもうれしく感動しました。ありがとうございました。

*ご自身のつらい体験談をお話いただき、ありがとうございます。青木さんがより身近に感じられました。私は環境的にも子育てに不安ばかりですが、幼児期からそのような家庭環境に育たれても、青木さんのように素敵な大人になれる場合もあるのだと知り(助けてくれる人がいるなど)少し心強く思いました。母親として子どもたちにどう関わるかというのは、ここ何年も、そしてこれからもずっと私の中の大きなテーマですが、「自分も子どもだった頃がある」ということを忘れずにいたいというのは、子どもを産むずっと前から思っていたことです。

*青木さんの「自分の感性に自信がない人が多い」という言葉にはっとしました。自分自身、現状の状況(家庭)に複雑な思いで日々生活しており、思うことがたくさんあるので、本日のお話で、ちょっと安心しました(自分がこれでもいいのだとの思いになり・・・)次回も楽しみにしています。


第3回11月24日(火)子育ての悩みにお答えします
*今日は皆さんの質問をききながら、子育てのヒントをたくさん頂きました。育児書にも載っていない生の意見がきけて本当によかったです。私の悩みも解決できました。

*子どもに生きていく力を身につけさせるのが真の学力という言葉に目からうろこの落ちる思いでした。

*今日は質問にていねいに答えていただいて、とても参考になりました。何年も子どもを育てていても迷うことが多いですが、青木さんのお話を聞く事でまた明日からやっていこうと思いました。

*一つ一つの質問に心のこもった的を射たお答えで、胸のすく思いでスッキリしました。
本当にありがとうございました。

*上手にしゃべれなかったけれど、まだまだ話したい事、聞きたい事がたくさんありました。
近くにこのような方がいたら、どんなに楽かと思いました。

*皆の悩みが自分にもリンクして胸が痛くなりました。でも青木さんの言葉がひとつひとつ染みてきて最後には気持ちが明るくなりました。これから先も自分らしく子育てを楽しんでいきたいです。

*青木さんのお話と皆さんの体験談で胸がいっぱいになりました。他の方の悩みを聞くことで自分の育児ストレスが軽減されることに気がつきました。いろんな気持ちをたくさんの方と共有し理解し合って孤独にならず育児をしていきたいです。

*心に残ったことば
・学力とは生きていく力
・心がゆらぐことがあっても流されない。
・我が子が行った学校が一番良い学校と思う。

*青木さんのお話をきくこと、他の方々の悩みをきくことで自分を客観的に考えることが出来たような気がします。少しずつ親離れがはじまった今「ぎゅっ」っとつかんでいたい息子の手を少しずつゆるめていける母親になろうと思います。本当にありがとうございました。(3回という企画がとても良いと思います)また先生にお会いしたいです。

すべて掲載したいなと思うくらい皆さんに感謝されて嬉しい限りです。



今年度のリーダーKさん、サブリーダーのOさんお疲れ様でした。
会員の中には出勤前に手伝いに駆けつけてくれたり、お子さんを預けてなどなど
会員みんなもお疲れ様でした。
また、会を休んだり、やめた人たちも当日駆けつけてきてくれてお手伝い。
会員ではないけれど、3回ともお手伝いしてくださったMさん。
ありがとうございました。
これだけの講演会が開催できてサークルの一員として嬉しい限りです。



プロフィール

fujita

Author:fujita
fujita emi

2005年9月府中市女性史編さん実行委員(2008年3月発刊)となったことがきっかけとなって今回のブログを始めることとなった。
府中の女性の仕事や活動をいろいろ紹介していきたい。

趣味
山歩き
芸術鑑賞(美術、映画、観劇)
読書




最新トラックバック



検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

RSSフィード 管理者ページ