府中(東京)の女性

.30

藤田恵美講演会

藤田恵美講演会part4

2010年3月6日(土)に府中市女性センターで平成21年度市政参画講座
選挙に行ってくらし改善!~選挙に関心をもたないとくらしは変わらない~
を行ったので、4回にわたって内容を紹介します。

今日は最後の4回目です。

4 選挙に関心をもつには?

今日のお題は「選挙に行ってくらし改善!~選挙に関心をもたないとくらしは変わらない~ 」ですが
変わらなければまだいい。選挙に関心持たないと悪くなるかもしれません。
国の多大な財政赤字をみると、ちゃんとした人を国会に送っていない私たちにも責任があると思います。

さて今日は一番身近な市議会議員選挙について考えてみましょう。

このなかで議会傍聴に行かれた方はいますか?
私は5回ほどあります。
ぜひ皆さんにも出かけて欲しいです。
ひょっとして、あなたが投票した人が議会で居眠りしているかもしれません。
中座してなかなか戻ってきていないかもしれませんよ。

いつの議会傍聴の時かは忘れましたが、ひばりについて質問する議員がいました。
そうです。市の鳥の「ひばり」です。
「市内にひばりはどれくらいいるか。どの辺に生息しているか」という後に
「ひばりのための公園をつくって欲しい」と要望したのです。
ひばりが住めるぐらいゆったりとした(人間のための)公園をつくって欲しいというなら
わかりますが、本当にひばりのためとの話だったので驚きました。
彼に投票し、当選させた人たちに聴いて欲しかったですね。

市議会に自分たちの代表となる人を選ぶにも立候補者がどういう活動をしているかを
詳しく知っている人はあまりいないのではないんでしょうか。
もっと知ることが大事ではと感じています。

それで今日持ってきましたのは市議会だよりです。
新聞に折り込まれていますから、ご存知ですよね。
市議会だよりは年4回発行されています。
年に4回開催されている議会の報告が書かれています。

このなかで市議会だよりを読まれた方いますか?
読んでない方は市役所、市内の図書館などにも置かれていますので、是非読んで欲しいと思います。
それで、そのなかですべてに目を通すのではなくても、
何か自分が気になる議題があれば、それを読む。
そこに関係した議員を追ってみると、議員の活動がみえてきます。

この中でパソコンを使う方がどれだけいらっしゃるかわかりませんが、
府中市のホームページを検索して
「市政を身近に」をクリックすると市議会についていろんなことをより詳しく知ることができます。
先ほど話した、市議会だよりで気になったことについての議会議事録が読めます。
ネットだけでなく、議会議事録は市役所、図書館でも読むことができます。
そのようにして、調べていくと市政が自分たちの暮らしに直接関係があるとわかり、
選挙への意識が変わってくると思います。

今日持ってきました市議会だよりは昨年12月に開かれた市議会の報告です。
ここで私が気になるのが「府中市自転車の安全利用に関する条例」が可決されたことです。
実は私と同じマンションに住む息子の元同級生のお父さんが昨年、事故で亡くなったのです。
その方は会社から多摩川サイクリングロードを歩いて帰宅途中に、後ろからきた自転車にはねられて亡くなったのです。
もとは自転車通勤されていたのですが、昨年の1月ごろから健康のため歩きに変えたそうです。
健康のためにと歩いていての事故です。胸が痛くなりました。
府中市内の多摩川サイクリングロードでは自転車事故がたいへん多いそうです。
府中市自転車の安全利用に関する条例が施行されたら、どのような対策がとられていくのかをみていきたいです。


5 市と協働する

平成9年度から10年間の行財政の取り組みを具体的に示した「府中市行財政改革推進プラン」を平成19年12月に出したものを図書館から借りて持ってきました。
いまから回しますので、ご覧になってください。
そのなかには「市民と協働のまちづくり」をうたっています。
共同ではなく協働です。協力して働くです。
残念ながら、現状はまだまだ程遠い。
このプランが実行されて協働を実現してほしい。実現させなくてはと思います。

そのためにもいろんな立場の人が市民代表として市政に参加するべきだと思っています。
いろんな立場の人たちが協議してこそ、本来の市政ではないかと思います。
高齢者、子育て世代も。
今、団塊の世代が会社を退職していってます。そういうなかから自分たちの代表を送ることも必要です。

それから女性の代表も。
府中市には現在30名の市議員議員がいて、そのなかで女性は5名です。
占める割合は17パーセントで少ないですね。
理想は50パーセントですが、
どちらかが30パーセントを切らないようにという線を保たないとって願っています。
女性の場合、自分たちの代表を送るという気持ちがなぜか低いように感じます。
女性に対する施策がなかなか進まないのは
自分たちの代表が少ないことも一因ではないかと思います。

それにもちろん働いている人の代表も。
政治家は職業ではありません。
ですから、仕事をもって議員をしている人はいます。
ただ、今のように平日の昼間に議会をやっていると、サラリーマンの参加は難しくなります。
夜か土日に議会をしてもいいと思います。
そういう議会改革を推し進める必要があると思います。

市政に自分たちの代表を送ると思うと、もっともっと選挙が身近に感じるようになると思います。

これから市税の大幅な増収は見込めませんから、
市民も市からサービスをどんどん提供される時代ではなくなっていくと思います。
行政にまかせっきりということは出来なくなると思います。
必要でないというより、自分たちで出来ることは提案する。実行する。
そのためにももっと知ること。
市議会だよりを読むということから始めませんか。

今日は2時間もの長い間聴いてくださってありがとうございました。


*講座で話したものをまとめてみました。
一人でも多くの人が政治に関心をもってほしい。
そのために身近な市政からと思います。

.25

藤田恵美講演会

藤田恵美講演会part3

 2010年3月6日(土)に府中市女性センターで昭和21年度市政参画講座
 選挙に行ってくらし改善!~選挙に関心をもたないとくらしは変わらない~
 を行ったので、4回にわたって内容を紹介する今日は第3弾です。


3 他国での選挙

みなさん義務投票制ってあるのをご存知ですか?
日本では、投票権といって権利ですが、義務として考えている国が結構あるのです。
ウイキペディア「義務投票制」からちょっとお話します。
そのなかに義務投票制を行っている31の国が紹介されています。それぞれの国によって不投票者の罰則適用はまちまちです。
キプロスやフィジーでは入獄との記載があります。
「ちょっと選挙に行かなかったもので、刑務所に入ってました」なんてことがある国があるんですね。

それから、オーストラリアが特に取り上げられています。
なんとオーストラリアでは、投票率95%だと記載されてますね。凄いですね。
それで、オーストラリアでは正当な理由なく投票しなかった不投票者に対する罰金は日本円で2,000円程度で、不投票者が罰金の支払い要求に応じずに起訴されて裁判で有罪となると、5,000円程度以下の罰金と裁判にかかった費用を要求されるそうです。
投票率の高くするためには義務投票制は効果がありそうです。
しかし、投票率を上げるために今、日本で義務投票制に移行するというのは現実的ではありませんね。


4 他市での工夫

日本国内で投票率を上げようと努力している市があります。
そこは福岡県久留米市です。
昨年の衆議院議員選挙のおりに行われたことです。

ネットニュースでは
久留米市中心商店街の59店舗で30日から選挙セールを行う。
全商品1割引きや生ビール1杯サービスなど各店が独自に特典をもうけた。
投票所(期日前投票含む)で選挙管理委員会が発行する「投票所来所証明書」を提示すれば、
セール参加各店で特典を受けられる。
(2009年8月28日14:32の記事 ネットニュースから抜粋)
とあります。
それで効果はというとその記事はないんですね。
でも、調べてみたところ
久留米市の衆議院議員選挙の結果は投票率70.55パーセントでした。
高いですよね。
ただ、政変のあった選挙だったことと、また、それまでの久留米市の選挙結果が分からないので
効果がどれほどだったかはよく分からないです。
選挙に関心をもってもらうということで、やらないよりやった方がいいことだと思いますが、
投票率を上げるために、有権者の意識改革するというところでは、ちょっと違うかなって感じました。

ではどうすればいいかということを次回に~

.17

藤田恵美講演会

藤田恵美講演会part2

 2010年3月6日(土)に府中市女性センターで昭和21年度市政参画講座
 選挙に行ってくらし改善!~選挙に関心をもたないとくらしは変わらない~
 を行ったので、4回にわたって内容を紹介する今日は第2弾です。

2 投票率はなぜ低い?

今、子供たちのなかで首相になりたいなんて思う子はいないのでは?って思います。
メディアの報道をみていると、首相をはじめ、政治家のことをひどく非難しています。
まるで政治家を悪の権化のように。
それを見た人たちに及ぼす影響は大です。
大人の意識が子どもに伝わるのでしょう。

いろいろな施策のすべてが悪いのではないと思います。
メディアの力は大きいですから、報道の仕方を考え直してほしいなって思います。
政治に不信感をもてば、政治に関心が向かない、そして投票率にもひびくのです。

日本における衆議院議員選挙の投票率に関する記録を(ウイキペディア「投票率」より)ちょっと調べてみました。

制限選挙時代
初めて行われた選挙は1890(明治23)年でした。
25歳以上の男子で税金を15円以上納めている人というのが条件で
なんと全人口の1%の人しか投票できませんでした。
明治時代の物価は、もりそばが1銭、牛乳(1本)が3銭だったそうで、
これから今の物価で計算すると、
当時の15円は、現在の60万~70万円ぐらいと思われますとの記述があります。
(ネット「選挙のあゆみ」の「日本で初めての選挙」より)

男子普選時代
その後、1925(大正14)年からは25歳以上の男子ならばだれでも投票できる時代に入ります。
この時代での 最高投票率は1930年(第17回)の83.34% で
最低投票率は1937年(第20回)73.31% です。

完全普選時代
戦前から市川房江さんたちが奔走されましたが実現しなかった婦人参政権ですが、
1945(昭和20)年、敗戦後、新憲法が発布され、翌年20歳以上の男女の投票が行われました。
この最高投票率は1958(昭和33)年の76.99%
最低投票率は1996(平成8)年の59.65%です。

それでは、つぎに「府中市での選挙について」をお話します。
配布しました資料をご覧ください。
この4年間に行われました府中市の選挙結果です。
投票率をご覧になってください。

2009(平成21)年8月30日衆議院議員選挙小選挙区 67.75% 比例代表 67.72%

2009(平成21)年7月12日 東京都議会議員選挙 54.31%

2008(平成20)年1月27日 府中市長選挙 37.16%

2007(平成19)年7月29日 参議院議員選挙東京選挙区 58.91% 比例 58.89%

2007(平成19)年4月22日 府中市議会議員選挙46.96%

2007(平成19)年4月 8日 東京都知事選挙55.97%

参議院議員は任期6年で、3年ごと半数ずつの選挙がありますが、
それ以外の衆議院議員、都知事、都議会議員、市長、市議会議員の任期は4年です。
まあ、衆議院については戦後、途中に解散がなかったのは1回だけらしいですが・・・

見ていきますと、投票率悪いですね。
昨年の衆議院議員選挙は関心が高く、7割近い投票率がありますが・・・

今から、私たちに今いちばん身近な市長選や市議会議員選挙について考えていきたいと思います。
市長選挙や市議会議員選挙の投票率が低すぎると思いませんか?
3割から4割台しか投票していないということは
半数以上の人の意思が反映されていない選挙だと思います。

市長選に出馬した人から聞いた話ですが、
街頭演説をしていると、うるさいからやめろと言われたそうです。
それで、彼女は「私が選挙のために話をするのは当然の権利ですから」と言って話し続けたといいます。

また選管から車を出して、投票を呼びかけるアナウンスをしたら「うるさいから音を小さくして」と言われたことがあるそうです。
選挙の関心のなさの表れです。
自分たちのくらしに直結する選挙なのに、ほんとうに関心が薄いですね。

なぜ市民の関心が薄いかというと「どうせ、自分が投票に行っても何も変わらない」と思うことが一番の理由でしょうか。
それにメディアが取り上げない。国政選挙と違ってニュースに取り上げられるのはほんの少し、だいたいは選挙結果だけですから。
新聞には多摩版というコーナーがあるのですから、そこでもっと多く取り上げてほしいです。

それから、もう一つ府中ならではの理由があるのですが分かりますでしょうか?
府中市のホームページに平成20年度の市民意識調査についての結果が出ていますので読み上げますね。

20歳以上の3000人対象、回答数/有効回答者1,472人(回答率49.1%)
あなたは、府中市の住みやすさについてどう思われますか? 該当する番号を1つ選んで○をつけてください」
「住みよい」685件(46.5%)
「まあ住みよい」603件(41.0%)

となっており、両者で全体の87.5%を占めています。
府中では市民意識調査を毎年行っていますが、
このアンケートに答えた方、いらっしゃいますでしょうか?
(お一人が手を挙げた)
毎年の調査で、この結果が80%以下になるのをみたことがありません。
住みやすい市だから、選挙に行かなくてもって思う人がいるのではないかと思います。

会場からの意見
そうだと思います。今の体制でいいと思う人が選ばれるだろうから、
選挙に行かなくてもいいと思っている人はいます。
選挙に行かなくても、それなりの人で決まるだろうという安心感があるから
わざわざ行かなくてもと思うのだと思います。

うん?そうですか。選挙に行って意思表示をしていないと、その人を支持したことにはならないと
私は思いますが・・・


さて、次回は「他国での選挙」「他市での工夫」を紹介します☆

.10

藤田恵美講演会

藤田恵美講演会 

2010年3月6日(土)に府中市女性センターで昭和21年度市政参画講座
選挙に行ってくらし改善!~選挙に関心をもたないとくらしは変わらない~
を行ったので、4回にわたって内容を紹介します。

おはようございます。藤田恵美です。
雨模様のなか、いらしてくださってありがとうございます。
私は府中に住んで34年になります。
神戸の出身で、1974(昭和49)年、結婚を機に東京へ来ました。
調布に住んでいましたが、2年後、府中に引っ越しました。

1、選挙管理委員会って?
私は2000年4月から2008年3月まで選挙管理委員をしておりました。
選管委員の任期は4年なので2期務めたことになります。

そのころ「選挙管理委員してます」って話をしますと、
「ああ、あの投票日に投票所にいる人でしょう」ってよく言われました。
同じような質問をされるので、しまいには「はい」なんて適当に答えてました(笑)
投票所にいる人は投票立会人といって、府中市では50か所の投票所にそれぞれ3人ずつ、計150人の方々がいます。
選挙管理委員(選管委員)は全国の都道府県や市町村に原則4人ずついます。
変則的に3人というところもあると聞いたことがありますが、府中市は4人です。

選管委員はどうやってなるのかご存知ですか?
選挙管理委員会は執行機関から独立して選挙を管理するために設置された機関ですから、
市側で決めるのではないのです。
選挙で選ばれるのですが、市民ではなく市議会議員の投票で決まるのです。

2000年の2月に「女性が選挙管理委員になったことがほとんどないので、ぜひ立候補をお願いしたい」と、ある議員さんから声をかけられました。
お声をかけてくださった人の政治団体はもちろん、私はどこの政治団体にも属していない無所属でした。
彼女に言わせると選管委員は選挙活動ができないから戦力とならないので
自分のところからは立候補させたくなかったそうで、それで私に話がきたということです(笑)
「たぶん落ちると思うけれど」なんて言われたのに受かったのです(笑)

選管でどういうことをするのか全く知らなかったので、初めて委員会に出るときはドキドキでしたが、
事務局側も女性が選管委員になるのは、あまり例がなかったのでドキドキだったそうです(笑)
仕事は毎月の委員会出席などですが、
投票日には朝の9時半ごろから市役所に詰めて、委員で分担して投票所をまわり、
夜は開票所へ。府中では矢崎町にある総合体育館です。
そして開票終了までが責務です。ですから投票日は一番忙しい日でした。

でも、楽しさもありました。
午後8時、投票終了後、投票函が50箇所の投票所から持ち込まれます。
体育館の入り口で待っていると、だッだッだーって走りながら担当者が投票函を持ち込みます。
その緊張感は今でも忘れられません。
それから、開票作業もいいですね。
開票立会人は立候補者の会派の人など関係者がなるので票は触れないんですが、
選管委員は票を触っていいんです。ですから、私はよく開票作業を手伝いました。
不思議なことに1つ2つの投票函でだいたい当落がわかるんです。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、府中市は開票にかかる時間が大変短いので、
拘束される時間は他の市町村の委員さんたちより少なかったです。
なぜ短いかというと選管事務局がいろんな工夫をしたからなんですね。
開票所の総合体育館には卓球台がたくさんあって開票の時に使用するのですが、
そのままだと低すぎて開票従事している人が疲れるため、効率が落ちるんですね。
それで枕木のような材木を使って高さを上げて、その上にべニア板を敷いて、白い布をかぶせのです。
また、立候補者の名前を書いたケースを前もって作ってそこへ票を入れる。
市議会議員選挙では30以上ですから制作には手間がかかりますが、開票時間の短縮には大いに役立ったのです。
それに、票を数える機械は東京競馬場の券のカウンターを利用したりなどしたのです。

そうそう、今の投票用紙は紙ではないのをご存知ですか?
あれはポリプロピレン樹脂というプラスティックなんです。
なぜプラスティックかというと、
皆さん投票用紙に選んだ立候補者の名前を記入して、その用紙を折って投票函に入れますでしょう。そうすると入れたと同時に用紙は開くようになってるんです。
いちいち用紙を広げる手間が省けるわけです。
その用紙を考案したのが、府中市の元事務局長だと聞いています。
今では全国のどこの市町村でも使っているのです。
このようにしてさまざまな工夫をして時間短縮をはかったので、全国の選管委員会から視察に来られることが多かったですね。
それに使用済みの用紙は一定の期間すぎたら、ボールペン、ポスター掲示板、シートなどにリサイクルされているのです。うちわの柄にもしようかと考えているそうです。

近隣市の選管委員から「開票は早ければいいってもんじゃあない」って言われたことがありました。
それは違うんですね。
というのも結果はいち早く市民に伝えることが大事です。
それに経費節減です。
関わっている職員の手当や大学生のアルバイト料などがばかにならないのです。
ただ、票のチェックは入念にしてました。一回チェックは輪ゴムをかける。2度目のチェックは十字に輪ゴムをかける。その票をもう一度チェックします。
正確であれば、早ければ早いほどいいのです。

だいぶ府中市の選管の宣伝をしましたが(笑)
選管委員をしたおかげで、市の外側からでなく内側からいろいろみることができたのはよかったです。


次回は「2、投票率はなぜ低い?」を掲載します!乞うご期待!

プロフィール

fujita

Author:fujita
fujita emi

2005年9月府中市女性史編さん実行委員(2008年3月発刊)となったことがきっかけとなって今回のブログを始めることとなった。
府中の女性の仕事や活動をいろいろ紹介していきたい。

趣味
山歩き
芸術鑑賞(美術、映画、観劇)
読書




最新トラックバック



検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

RSSフィード 管理者ページ